出会い系

女性だってセフレがほしい!

女性だってセフレがほしい!

「出会い系でセフレを探している奴なんて、どうせ男ばっかりなんでしょ?」

あなたはまさか、そんな風に思ったりしていませんよね?
もし思っているとしたら、それはとんでもない勘違いです!

当然ながら、女性にだって性欲はあります。
ただやはり「恥ずかしい」という想いからでしょうか?

たとえ「ムラムラする」と思っていても、それを隠す女性の方が圧倒的に多いと感じます。

いや、恥じらいがあるのは良いことですから、それはそれで全然OKなんですけどね…笑
 

出会い系ならこっそりセフレを探せる

「性欲はあるしヤリタイ気持ちは山々だけど、そんな欲求大っぴらにできない!でもヤリタイ…」

そんな具合で欲求不満が溜まりまくった女性が、最終的に辿り着く場所。
その多くが出会い系だったりします。

出会い系やセフレ掲示板の強みは、なんといっても「全てを明らかにしないで済む」という点でしょう。

「自分の恥ずかしい面を、知人や家族に知られるだなんて…絶対に嫌だ!」

そう考える女性にとって、出会い系はまさに打ってつけ。

詳しいことを伏せたままセフレを作れるわけですからね。
ハッキリ言ってオアシスのようなものだと思います。笑

本名や住まいといった個人情報を明かさずに、「身体だけ」の割り切った関係性を、誰にも知られずひっそりと構築することができる。

これは女性のみならず、男性にとっても嬉しいポイントではないでしょうか。
お互い後腐れなくヤレるわけですからね。最高です。
 

ほとんどの出会い系は女性の利用が無料!

大抵の出会い系は、女性=無料で利用が可能です

ただでさえ普段隠した性欲が暴発寸前なのに、無料で気軽に利用できるとなったら…。
そりゃあ多くの女性が使ってしまうってもんですよね。笑

あと「使ってみたいけど出会い系ってどうなんだろ…」と迷っている…
そんな女性の背中も後押ししてくれるのではないでしょうか。

「うーんどうしよう…でもタダならとりあえず使ってみようかな」

的な感覚で。

まあ男性からすると「おいおい男は有料かい」という感じかもしれません。

が、出会えた後のことを考えれば、利用料なんてもはやタダみたいなもんです。笑

むしろ「この程度の費用でこれほどのセフレが作れるんなら安いもんだ」とすら思えるでしょう。
 

パートナーがいる女性も意外と多い

カウンターバー

出会い系を利用する女性の中には、すでにパートナーがいる…という女性も、結構存在します。

ヤル相手がいるのに出会い系を使うの?と思うでしょうか。

いやいや、相手がいたって、満足できているかどうかはまた別物ですよね。笑

だったら別れれば良いのに、とも思うかもしれませんが

「性的な部分を除けば満足してるからそれはちょっと…」
「長く一緒に居ると情もあるし…」

などなど、そう簡単に別れられない女性もいるわけでして。

けれどもやはり身体は正直。笑

「性生活に不満が募ってどうしようもない…」
「おまけにこんなこと恥ずかしくて誰にも相談できない…」

そんな思いつめた女性が、出会い系を使ってセフレ募集をしたりするんです。

ここはぜひ、

「俺(僕)でよかったら満たしてあげるよ」

こういった具合で、優しくお近付きになってみましょう。
具体的に、どんなことが不満なのかを聞き出せるとなお良いですね。

「自分だったらそういうことはあり得ないなあ」

こういうことを言って、パートナーよりも性的レベルが高そうな雰囲気を漂わせましょう。

あ、ただし、実際に行為に至った時に「話が違うじゃん」となったらそこで終わりになってしまう可能性もあります。

見栄の張り過ぎはNGですよ。笑
 

多数の女性が集結する出会い系なら高確率でセフレGET

出会い系でセフレを作ろうと考えている女性は、本当に多いです。

今日もどこかで

「こっそりエロイことを楽しみたい」

こう願う女性が、出会い系にアクセスしています。
運が良ければ入れ食い状態になることも夢ではありません。

もちろん、出会い系を使っていれば、いわゆる「サクラ」に遭遇することもあるでしょう。

しかし全てが偽物だと思わないでください。本物のドスケベな女性だってたくさんいるのですから…
 

まとめ

「出会い系でセフレを作るなんて無理」
「所詮サクラばっかりなんだろうよ」

こういう思考は、非常に勿体ないですよ。

最初はイマイチ釣れなくても、利用を続けて経験を重ねていけば、多くの女性を抱くことだって可能です。

サクラっぽいメールだって、単に相手にしなければいいだけの話ですしね。

「実はセフレが欲しいんです」

という、多くの欲求不満な女性が、日常の自分を脱ぎ捨てて、出会い系に集まっているんです。

本気で「セフレが欲しい」と思うのであれば、ここに飛び込まない手はないでしょう。

余計な考えはバッサリと捨てて、ぜひ出会い系にトライしてみてください。

-出会い系

Copyright© オトナコウザ , 2020 All Rights Reserved.